東京都障害者セーリング連盟とは

「いくぞ、海に!」を掛け声に1990年「海で遊んだぶん社会にお返しをしたい」「より多くの人々と海の楽しみを分かち合いたい」とボート・ヨット乗りが集まり、海の社会貢献ボランティア団体として「日本障害者セーリング協会(PSAJ)」の前身である「ヨットエイドジャパン(YAJ)」が発足しました。
 当連盟が、1997年には「YAJ」の地域支援活動をより強力に行うため、「東京都障害者セーリング連盟」の前身である「ヨットエイド東京(YAT)」が誕生、日本障害者セーリング協会に加盟団体登録、東京都障害者スポーツ協会に競技団体登録、江東区ボランティアセンターにボランティア団体登録し、活動拠点を東京夢の島マリーナにおき主に障がい者を対象とするセーリング普及・推進活動を行っております。
 メンバーは、健常者、障がい者で構成されています。また、日本障害者セーリング協会と共に障害者セーリング支援プログラムを継続実施しパラリンピックへの選手・コーチの派遣、健常者と同等に使用できるバリアフリーヨットの試作、ポンツーン等の海洋施設への提言、さらに障害者の小型船舶操縦士免許取得支援、ヨット用のアダプテーション開発等、障害者と海をつなぐ活動に取り組んでいます。

 2016年6月に「ヨットエイド東京」より「東京都障害者セーリング連盟」に名称変更し、2019年4月より活動拠点を東京都若洲ヨット訓練所へ移しユニバーサルヨットのHansa303、Hansa2.3を使用し体験乗船会、競技会を行い障がい者の有無に関係なく共生社会を目指しセーリングの普及推進活動を行っております。