HOME>イチオシ情報>どのような活用方法が適しているか考えよう

単身者用かファミリー向けか

売地

土地活用のためには、いろいろな方法があるものです。その選択肢の一つがアパート建設ではないでしょうか。土地があるからと言って無理にアパートを建てるのは賢明な判断ではありません。必ず需要があるのかどうかを検討するべきでしょう。いくら土地を所有しているから、上物だけの建設費用で済むとはいっても、むやみやたらに建てればよいわけではありません。駅から近ければ単身者向けのアパートが適しているでしょう。もしも最寄駅から離れた場所の土地活用であれば、ファミリータイプのアパートが適しています。このように、立地に則した物件を検討するべきでしょう。もしもアパートの需要がないと判断されれば、見合わせる勇気も必要です。

木造化鉄骨か、もしくは鉄筋か

女性

土地活用のアパートは、木造のイメージが強いかもしれません。木造のメリットは建設費用が比較的安価であるということです。逆にデメリットは、住民同士の騒音問題などが発生するなどが考えられます。鉄骨や鉄筋のメリットは、このような騒音問題の発生の可能性が低くなることや、耐用年数の長い物件を作ることが出来ることなどです。しかし、建設費用が木造よりも高くなるという傾向があります。どの構造にするかはきちんと検討するようにしましょう。

息の長い物件を想像してみよう

マンション

土地活用のアパートは、きちんと修繕を重ねれば、50年以上も使える立派な物件になります。もしもオーナーが手抜きをしてしまうと、早くに寿命を迎えることになります。こうなると住民に退去してもらい、新しいアパートを建てることになります。こうなるとまた費用がかさみます。アパートはオーナーの愛情によって、寿命が変わるものです。子供や孫の代まで残してあげるような考えで建てれば、長い間インカムを生み出す物件に育てることが出来るでしょう。

広告募集中